トップページ > ’観光・旅の見どころ’ の記事一覧

折尾駅(7位)~訪ねる価値のある駅~隠れた魅力を探して…

折尾駅(おりおえき)
福岡県北九州市

折尾駅は日本最古の立体交差駅です。
大正時代の駅舎やレンガアーチの通路が今も残ります。
駅弁「かしわめし」でも有名。

「複雑な構造なので探検してみると楽しい」
7位のJR折尾駅は鹿児島本線と筑豊本線が交わる日本最古の立体交差駅で、
大正自体の駅舎はレトロな趣があります。
駅の使い勝手をよくするための再開発計画があり、現在の駅舎を存続させるか検討中のようです。
(日本経済新聞より抜粋)

 

ほっとゆだ駅(7位)~訪ねる価値のある駅~隠れた魅力を探して…

ほっとゆだ駅
岩手県西和賀町

駅構内に本格的な温泉が併設されています。
浴場には列車の接近を知らせる鉄道の信号があります。
(入浴量大人250円)

「温泉駅の草分け」
JR北上線のほっとゆだ駅も七位。
全国の温泉駅の草分けで、貸し切り風呂もあります。
木造駅舎の入り口には「ゆ」の文字を染め抜いた大きなのれんがかかっています。
1991年に駅名を「陸中川尻駅」から改称しました。
(日本経済新聞より抜粋)

 

大畑駅(9位)~訪ねる価値のある駅~隠れた魅力を探して…

大畑駅(おこばえき)
熊本県人吉市

急こう配を登るためのループ線とスイッチバックを併せ持つ唯一の駅。
沿線は日本三大車窓の眺めにも選ばれました。

「日本三大車窓のひとつに数えられる付近の景色も抜群」
九位の大畑駅はJR肥薩線の山岳地区にある無人駅。
三段階のスイッチバックで、列車が前後に進行方向を変えながら、急こう配を上って行きます。
(日本経済新聞より抜粋)