トップページ > 観光・旅の見どころ > 門司港駅(1位)~訪ねる価値のある駅~隠れた魅力を探して…

門司港駅(1位)~訪ねる価値のある駅~隠れた魅力を探して…

門司港駅(もじこうえき)
福岡県北九州市

1914年(大正13年)完成の駅舎は国の重要文化財。
周辺にも歴史的建造物が多く、レトロ情緒が漂う駅です。

「ターミナル型駅の傑作」
門司港駅はJR鹿児島本線の起点。
大正時代のネオ・ルネサンス様式の駅舎はほぼ当時のままの姿を残し、
全国の駅で初めて国の重要文化財に指定されました。

「タイムスリップした気分が味わえる」
構内には開業当時の手洗い鉢が残り、切符売り場や駅員の制服も往年の雰囲気を醸し出します。

「古き良き時代の港町の風情を伝えている」
駅周辺にもレンガ造りの旧門司税関や重要文化財の旧門司三井倶楽部など歴史的な建造物が多く残っています。

(日本経済新聞より抜粋)

 

コメントはまだありません。
現在、コメントフォームは閉鎖中です。